エンドロールには早すぎる

ヲタク記録と戯言

高橋優斗さんの話をする

 

6月3日放送のらじらーサタデー21時台を聞いていた時のこと。

この日は「初恋ノート」というリスナーの初恋エピソードをひたすら読む企画があった。

その中で優斗さんしんどい(は使わないと決めていたが、今はそれ以外の言葉が見つからないので使用する)案件が起きた。 

 

=内容=

P.N.ぷぷさん (16歳)
私の初恋は小学5年。私の幼馴染のことを好きだと友達から相談を受けた時、とってももやもやして、私は幼馴染のことが好きなんだと気づきました。でもその時の私はまだまだ子供で、意地を張って2人をくっつけようとして、自分の気持ちをしまっていました。それから何ヶ月か経った時、幼馴染が転校することになり、彼が旅立つ日に思い切って告白。その時は振られてしまいましたが、去年彼が地元に帰ってきた時告白されました。今の彼氏です!!

優斗さん「よかった!冷めてなかった!!さっき冷めてたパターンがあったから緊張したけど、いや、ノンフィクションだね、ドラマみたい
安井くん「まず幼馴染ってどこに売ってるの?
優斗さん「俺、幼馴染5家族くらいいますよ
安井くん「幼馴染のことを好きになるってさ、いくら課金すればいいの?
優斗さん「好きにならないパターンもいっぱいあるからね
安井くん「でも幼馴染が自分のことを好きでいてくれて、地元に帰ってきた時に付き合えるって!!!
優斗さん「いやこれまぢでメジャーじゃん
安井くんどういう課金の仕方したら付き合える!?

ここで注目すべきは幼馴染が5家族いることではなく(いや、これもかなりしんどい案件だが)、「いやこれまぢメジャーじゃん!!」だ。

 

メジャーって??な方に説明すると、

週刊少年サンデー』(小学館)1994年33号より2010年32号まで全747話が連載された、数多くの野球漫画の中でも特に著名な作品の一つ。
主人公である茂野吾郎の半生を描いた作品で、彼の成長とともに所属するチームを情熱で突き動かし、チームが一丸となって目標に向かって前進していくのが、本作の基本的なスタイルである。(続編では吾郎の息子が主人公になる)

 


へぇ〜野球漫画か!ゆうぴー野球脳だなあ!と思うところだが、いやいやいやいやそんな話じゃないんだ!!!(残念ながら私は初期の頃のアニメをチラッと見ていた程度で詳しい内容を知らなかった為、ネットで検索した。)
勿論野球漫画と言うだけあって、内容はそれがメインなのだが、そこにラブストーリーも絡んでいる。
ゆうぴが「これまぢメジャーじゃん!」と言ったのは何の話の時だったか思い出して欲しい。そう、幼馴染との恋の話だ

 

漫画メジャーの恋愛の部分をまとめると(サイトより引用)

小学校時代

同じリトルのチームに所属していた吾郎(主人公)と清水(相手の女の子)。当時は清水の片思いで、吾郎は相手チームの女ピッチャーに夢中になったり、失恋したりで清水には目もくれていなかった。

中学校時代

吾郎が急に転校してしまう。清水はそれを恨んでいて、さらに再会しても野球本位で自分本位な吾郎の態度にブチギレる。が、徐々に心をゆるし、野球部の活動にも積極的に手を貸すようになります。(転校してしまうらしい)

高校時代

念願の名門海堂学園に入学するがスタイルが合わず転校を決める。元々三船高校に転校予定だったが問題が浮上し、違う高校に転校しようとする。しかし、海堂学園の妨害で野球部のある高校には入れず、野球部が無い清水のいる聖秀学院に入学することを決める。(運命☆)

高校で清水は吾郎のキャッチャーを務めたり、積極的に応援にいったりあからさまな片思いを続けるが、吾郎には伝わらない。 

その後

W杯の代表選考で吾郎が日本に帰国中、清水の弟の大河の後押しもありはじめて本格的にデートをする。そこで吾郎も初めて清水に恋心を抱いていることに気づきついに告白!晴れて交際がスタートする。10年間片思いを続けた清水の苦労が実る。

 

 

f:id:youreo5:20170605021930j:image

f:id:youreo5:20170605023031j:image

f:id:youreo5:20170605021948j:image

 f:id:youreo5:20170605023041j:image

(と言いつつ?、付き合い始めるらしい)

 

簡潔にまとまっている為、この間にモヤモヤしたり、2人の間には色々あるらしい。

 いやまって、これぴぴさんじゃないか……幼馴染への片思いを数年越しで成就させたって…しかもこのストーリーを思い出して即座に「これまぢメジャーじゃん!」って言うゆうぴー、しんどくないか?しんどい!!!!!!それだけ、この漫画の恋愛シーンがゆうぴの記憶の中に存在していることがしんどい!!!(???)

 

幼馴染との恋愛も勿論だし、この漫画が少なくともゆうぴの中の恋愛バイブルとまでは言わなくても、恋愛の形として少なからず影響しているかもしれないと思うと、居ても立っても居られず、深夜3時にブログを書いている私だ。

自分が幼い頃読んだ漫画とかアニメとかドラマで「いいな〜」と憧れたものがあるじゃないか!!(私は専ら幼馴染ものに弱い)ゆうぴにとってのそれが、メジャーだったとしたら私はもうどうしたらいいか分からない!!!!

しかも野球少年、鈍感(私の勝手な印象)、幼馴染(5家族もいればねぇ、そりゃねぇ…)、吾郎はゆうぴーじゃないか!!?ゆうぴーみを感じて更にしんどくなった。

f:id:youreo5:20170605073809j:image

 

続編で息子の話が展開されることから分かるように、この2人は、結婚する。

⑤結婚

渡米して2年目のシーズンを終えた後、吾郎は清水にプロポーズしついに2人は結婚!(初彼氏彼女同士での結婚らしい)

プロポーズの言葉は「生涯、茂野吾郎とバッテリーを組んでくれ」 と野球バカで直球勝負のプロポーズをする。

 

f:id:youreo5:20170605023925j:image

f:id:youreo5:20170605023609j:image

 え、ゆうぴーじゃないか!!!!野球脳ゆうぴはプロポーズに野球用語絡ませそうじゃない??(偏見)彼が野球の人生を進んでいたら、まるでこの主人公のようなプロポーズをしそうで、勝手にまたしんどくなった。ゆうぴーの永遠のバッテリー(しんどい)

野球とゆうぴーはしんどい。 それに加えて幼馴染は私1人では抱えきれない。幼馴染と10年越しの恋を実らせ、それがお互い初めての彼氏彼女であり、そのままゴールイン。夢のような話だ。

 

ラジオで、5歳で初チューに「早い!!」昨日付き合い始めた人と明日デートしますに「早い!!」、小6で付き合ってる子に「デートで何するの!?キャッチボール?」と言う優斗さん。この発言の根底には、メジャーの10年にわたる幼馴染との恋愛があるとしたら、もうたまらない……(知らんけど)

 

結局何が言いたいかというと、

野球 × 高橋優斗くん × 幼馴染 はしんどい(最高)

 

 f:id:youreo5:20170605074030j:image

 

そんなしんどい高橋優斗くんを、メジャーのような甘酸っぱい恋愛が繰り広げられる野球ドラマに何卒よろしくお願いします!!!!!(突然)

 

おわり

 

HDDクラッシュは突然に

 

※こちらは自分への戒めとして記している

 

家に帰り録画した「ようこそ、我が家へ」を見ようと思ったら、どこにもない。それどころかHDDに録画されていた番組が全て消えていた。

 

f:id:youreo5:20170421202316j:image

 

何度も何度も電源をつけては消し、を繰り返しても何も変わらなかった。訳がわからない。でもこれだけはわかった、もう元には戻らないんだと。

頭に浮かぶのは、絶 望 の2文字。

 

 

この世界に戻ってくるきっかけとなった、某有名なジャニヲタさんのブログを思い出した。「ジャニヲタ突然の悲劇、HDDの録画が全て消えた話」というものだった。あの記事を読んだ時、HDDの録画が消えるなんて……でも我が家は、そんなに駆使していないし、まあ今まで何年も平気だったからあり得ないだろうと他人事だった。甘かった。そして今またその記事を読み返して、気づく。これが、HDDクラッシュなんだと。

 

 f:id:youreo5:20170422085443j:image

 

 ジャニーズの世界に戻って、明らかに録画する番組が増えた。自分の応援するグループに加え、他グループのバラエティ番組も録画していたし、音楽番組、ドラマ、毎日何かしら録画していた状況だった。あとLDH関係。それに加えサッカーオタクの姉が録画する試合、情報番組、母がハマっている韓国ドラマ、毎週欠かさず見ているバラエティ番組、ドラマ。明らかに誰が見ても多い。毎日何かしら消さないと何かが録画できないくらい、残量もギリギリでいつも生きていたいから状態だった。そりゃ、HDDも疲れるし、機嫌も悪くなる。駆使しすぎた。ごめんね。今気づいても、もう遅いんだけど。

 

本当は年明けから新しいレコーダーに入れ替えることになっていた。けど、私がディスクに落とし終わらないからもうちょっと待って…と言い続けて、早半年。結局、私の怠惰が招いた悲劇だったのだ。

 

山Pがドラマで言ってたあの明日やろうはバカヤロウが胸に響く夜。あの時、きちんとディスクに落としていれば。毎回、ディスクに落としていれば。あの番組の録画、あの時見ておけば良かった。後悔は、後から悔やむから後悔なんだけど。

 

もし偶然、この記事を目にした人がいて、私と同じようにディスクに落とす事を怠り、あの時の私のように「でもまあ私は大丈夫っしょ☆…いつかやろう」と思っているのならば、1.5年後にはあなたのHDDクラッシュするよ!!!気をつけろ!!HDDは永遠に保存しておいてはくれない!!あくまで一時保管の場所なんだ!!まだ間に合う!あなたには猶予がある!!だから今のうちにやるんだ!!!と言いたい。(何様だよ、反面教師だよ)特にジャニヲタさんなら、もっと早くそうなる可能性がある。私のような結末にならないように、どうか大切な番組、残しておきたい番組はなるべく早くディスクに落として下さい。これからの私へ、必ず絶対何が何でもそうして下さい。

 

 

 

 

大好きだったK-POP番組に始まり、沢山のときめきをくれた韓国ドラマ、大好きな高校野球の試合、忘れられない感動をくれたサッカーの試合の数々、たまに見返していた恋愛ドラマにホームドラマ、大好きだったGENERATIONSの特番、週刊EXILE、バラエティ、音楽番組、スピッツ星野源の特番、ドキュメント、出演したバラエティ、ジャニーズが出演した音楽番組の数々、カウコン、少年倶楽部1年分(貴重なJr.くんの映像…岸くん…照くん…Snow Man…萩谷くん…ラブクリ……)、リトルトーキョーライフ、真夜中のプリンス、まいどジャーニー、いただきハイジャンプ、その他ジャニーズ関連番組、WESTのメンバーが出演したドラマ、特に大貧乏、そしてなにより、大好きなスピッツジャニーズWESTが奇跡の共演を果たした2016年7月29日のミュージックステーション。我が家のHDDから消えたけど、忘れません。(本当に大切ならすぐディスクに落としておくだろというツッコミはやめて)ありがとう、さようなら。

 

 

よし、明日からまた新しい思い出を作ろう!!!

(ここからはCHO‐私情)…と思ったけど、最近の私はジャニーズに熱を上げ、自分のやるべき事を怠り、仕事への姿勢が明らかに怠けているのは薄々感じていた。(ジャニーズだけのせいにするのは間違っていることは重々承知している。悪いのは明らかに自分自身。けれど私の性格上、ハマるとそればかりになる盲目型なのだ)趣味を楽しむのはいい事だが、日常生活を疎かにしてはならない。仕事があって賃金がもらえて、ヲタクができる。毎日頑張る自分へのご褒美として娯楽がある。それを忘れていた。だから、今日の悲劇はそんな自分への喝だったのかもしれない。なので、当分はジャニーズと距離を置いて自分の行動を改めようと思う。(HDD消えたくらいで、と思われるかもしれないが今の私にとっていいタイミングだった)うまく両立が出来る自信がついたら戻ってきたい。

またいつか胸を張ってジャニーズWESTに会えますように…!(と言いつつ、すぐ戻ってきたら笑う)

 

 

f:id:youreo5:20170421211816j:image 

 

 おわり☆

 

 

 

はじめてのJr.現場記録

 

4月8日 ジャニーズJr.祭り@さいたまスーパーアリーナ へ行ってきた。はじめてのジャニーズJr.の現場だったのでなんやかんや記録としておく。

 

セトリ(某サイトを参考にさせていただきました)

紅い花(Mr.KING)

ハイハイピーポー(HiHi JET)

よく遊びよく学べ(東京B少年)

青天の霹靂(Prince)

SHOW&SHOW(SixTONES)

now and forever(Travis Japan)

Masterpiece(Love-tune)

Lips

ミッドナイトシャッフル

サクラ咲ケ

MC

Think ux.(永瀬廉)

Remedy(高橋海人)

Loveless(平野紫耀)

OH!サマーKING(Mr.KING)

BYAKUYA(東京B少年)

Hi Hi JET(HiHi JET)

SHE!HER!HER!(HiHi JET)

FIRE BEAT(HiHiB少年)

Shake it up(SixTONES)

six senses(SixTONES)

愛のコマンド(SixTONES)

Amazing!!!!!!(SixTONES)

So Crazy(Travis Japan)

Supernova(Travis Japan)

For the Glory(Prince)

NO WAY OUT(Love-tune)

PARTY MANIACS(Love-tune)

Jr.紹介

ヒットメドレー

【A•RA•SHI/ジェットコースターロマンス/愛なんだ/LOVE YOU ONLY/Real Face/ええじゃないか/ズッコケ男道/Venus/チャンカパーナ/Come On A My House/抱いてセニョリータ/Midnight Train/絆/ガラスの十代/Everybody Go/Sexy Zone/ZA ABC〜5stars〜/仮面舞踏会/Keep on】

MC

この星のHIKARI(SixTONES)

テンション(HiHi JET)

Cha-Cha-Chaチャンピオン(Travis Japan)

山手線外回り(Travis Japan)

MU-CHU-DE恋してる(Love-tune)

CALL(Love-tune

Prince Princers (Prince)

Back to Back(HiHiB少年)

BE COOL(HiHiB少年)

$10(SixTONES)

3秒笑って(Jr.) 

Hair(Jr.寺西松松)

Evolution(Love-tune Travis Japan)

What's your name(Love-tune Travis Japan)

Fantastic Ride(Love-tune Travis Japan)

勝つんだwin(Mr.KING Prince)

ハロー春色(Mr.KING Prince)

Bounce to Night(Mr.KING Prince)

BAD BOY

GO!(HiHiB少年)

世界に1つだけの花

アンコール

Keep  on

WAになっておどろう

 

 

 

セトリ見て一言「メドレー入れたら何曲だよ!?」いや〜ボリューム満点だった。ほぼMCないから、代わる代わる出てくるんだよね、本当に。

 

まず、圧倒的に目が足りない!!!!!!

「あの子も見たいし、あの子はどうだ!?おお!あの子は!!あーあっちに岸くん!!」ってなって、結局目が足りない。40人も一気に同じステージに立たれたら私みたいな奴はどこ見ていいかわからなくなるんだなと知る。「岸くん…ああ萩谷くん!!ジェシー!!お、吉澤くん!!あーー安井くん!出、出〜〜浮所くん!!」とかやってぐるぐるしてると、結局私の目にすっぽり収まるのは梶山朝日くんなんだな〜笑

彼、本当に視界に入る!!!!すぐ分かる!!!ずるい!!!笑

 

1曲1曲感想とレポを載せたいところだけど、わからない曲がちょこちょこあったのと、次の日から記憶が薄れ始めて詳しいこと書けない(無念)ので、重岡くんの如く思ったこと、メモをブワーーーーーーーーしやす!(偏りがあるが悪しからず)

 

Mr.KING

この子たちがジャニーズJr.の中心に君臨しているんだな~生の平野紫耀くんだうわ~~!!!!(遠くてよく見えていなかったけど)な印象(どんなんや)あ、平野くんCMおめでとうございます☆ちょっと泣きそうになった…いいな!いいな!マッチ買うぜ☆

HiHi JET

で、出た~~~~~~~~~井上瑞樹くんだ~~~~彼の笑顔は毒性あり。

東京B少年

一言でいえばYABAIZO!Jr.祭りのTLで見ないことはなかったB少年。いやあんなにJr.祭りで検索してB少年ばかり出てくると気にならないわけないやんけェ!!!兎に角!!歓声が凄まじかった…浮所くんの名をよく見かけていたのと少クラ春休みSPでお顔を拝見し、サークルの同期に顔が似ているから覚えたレベルで「あ~浮所くんがこのグループは人気なんだな」ふむふむ。案の定「浮所飛貴です」\きゃ~~~~~/(だろうな)と思ったら、最後の「那須雄登です」\ぎゃ~~~~~~~~~~~~~~/この子か!!!平均年齢14.?歳の末恐ろしさたるや…

Prince

あーーーーーーーー岸くん。TVで見たまんまの岸くん。初めて見るのに「岸くん久しぶり~!」な気分になる彼は、国民の幼馴染☆と、噂のじぐいわ。間違いない。(何が)

SixTONES

登場のシルエットから強いしかっこいい!!!シルエットで語ってくる。個々で見るとバラバラなのに(キャラというか、伝われ。決して揃っていないという意ではない)よくまとまった完成されたグループ、とにかく強い。

Travis Japan

揃っている!ダンス!おしゃれ!グループ力!個の力!可愛い系もかっこいい系もクール系もなんでも熟す、ずるいしたたかな女(例えが謎)

Love‐tune

今回祭りに入って1番やられたであろうグループ。選曲がずるい。かっこいい、ひたすらかっこいい。歌もダンスもバンドも熟す、万能調味料なJr.☆

 

=メモ=

・青天の霹靂の岸くんパートが好き歌上手い

・マスピは関ジュのイメージが強かったけど、Love-tuneのめっちゃかっこいい。選曲たまらん。マスピ担になった。YouTubeでずっと見てる

・紫耀くんのLoveless(合掌)

B少年のBYAKUYAは麻薬。シャブ

・生のJETなDOするLIFEなう聞けて感動

SixTONESの新曲強い…かっこいい…え、守ってくれるの…衣装もそれぞれに合っててめちゃくちゃかっこいい。とにかく強くてかっこいい(語彙力マイナス)

・For the Glory!!生のヴェッヴェッ聞けてめっちゃ興奮したありがとうございます。かっこよかった!曲終わりにじぐいわ爆弾投下されて死んだ(神宮寺くんが外周のカメラ前に座って歌ってる横に走ってきて隣に座って歌う岩橋くん!!と、後方の花道で1人歌う岸くん。本物の「じぐいわと俺」たまらんすぎた

・からのNO WAY OUT!!SHARK season2!!クラファイ!!重岡くんしんどい案件を思い出すから見返せないseason2!!阿部顕嵐くんめっちゃかっこいいな!?ボーカル顔。いいもん見せてもらった…

・か!ら!の!パリマニーーーーー!!!(墓)ねえこれ歌っちゃう?持ってきちゃう?WEST担死ぬやんけ?私はしんだ。美勇人くんのおしゃれ「ヘイヨッ」からぶくぶく溺れて、安井くんのサングラスかけた強めの姿で1発ジャブくらって、萩谷くんがメンバー引き連れて歩く画にアッパーくらって、重岡くんの「Follow me Follow me イカれた夜に〜」パート歌う萩谷くんの甘い声を聞いて天に召されましたノックアウト(墓)無理じゃないか?ここへの熱量がヤバすぎたので語るけど、重岡くんの甘くてねっとりしてるけど、後味爽やかみたいな声と萩谷くんの少し声の高いスウィートボイスの親和性。無理。あのパートを歌わせようとしてくれた人誰?ありがとうーーーー!!!Love-tuneのパリマニはサマパラ2015に収録されているそうなので、買おうか悩んでいる。萩谷くんしんどい(この後捌けていくラブさんが見えたんだけど萩谷くんが白シャツ半脱ぎで走り抜けていく姿を見て無理だった)

・Amaizing!!!!!!→パリマニの流れ天才

・ヒットメドレーは人が多すぎて誰追っていいかわからないし目が足りないから諦めた

チャンカパーナの時に目の前にストがいて最後の「チャンカパーーナーーー」で北斗くんとジェッさんが向き合って頬をぐりぐりしているのを目撃し「こ、これが噂のほくジェ…」と大変興奮した

・北斗くんのファンサがめっちゃ丁寧。めーーーーっちゃ丁寧。ファンを見つけると、1人1人指さしお手ふりスマイル😊なんなの…(北斗くんはクールで塩な対応をする子だと勝手に想像していたからギャップ死)

・「Sexy Rose…」と言った佐藤龍我くんとそのあとの悲鳴がすごかった…みんな産んでた

・強い男(イカツイ)が歌うさわやかな曲とかバラードというギャップに弱いので、この日「この星のHIKARI」担になった。さっきまであんな爆イケだった男たちが「この星にあふれてる光集めて君を照らしていくForever」は無理好き

Travis Japanはかっこいい、クールなイメージだったけど、cha-cha-chaチャンピオンと山手線外回りで母性爆発した。この選曲はいい意味で裏切られたし、こういうのもイケるんだ!?というトラジャの幅の広さを見せつけられた。衣装もずるいよな~あざとい☆(ここらへんでいつの間にか吉澤閑也くんしんどい現象起きる)

・むちゅ恋~~!!!!ここで出てくるとは知らず最初の♥見るの0.5秒くらい遅れたし、ロックオン間に合わずだしつらい。噂には聞いていたが可愛かった…はずなのに可愛すぎてなのか記憶がほぼ飛んでいるんだよ…つらい。私の脳みそがんばれよ。いつかどこかでまた見れますか?クリエですか?(絶望)話は逸れるが、彼らにPerfumeのシークレットシークレット踊ってほしい

・CALLでの会場のボルテージMAX凄かった完全にLove-tune落ちしてたここで。多分

・Jr.祭りの最大の目的、Prince Princess!!!めちゃくちゃ良かった…全私が泣いた。(コンサート後、一緒に入った非ヲタの友人も泣きそうになったと言っていた)岸くんの歌が上手い!好だ~~~~~~~~~~2番も良かったし岸くんパートぐっと来た。(間奏の岩橋くんのC&Rで\プリセス/\プリンス/×3回やったあと「結婚しよ♡」はジャニーズすぎた若い~眩しい~となった)プリプリと言えばスタンドマイクですが、岸くんがバクステからメインに移動したあと、マイクをうまくセットできず手持ちで歌ってて、大サビ前に手を添えるふりしつつ再びマイクセットしようとするも出来ず、最後まで手持ちで披露したのも含めて最高だった(これ神山くんに歌って欲しい…)

・バスケ、噂のバスケ(以下略)

・「3秒笑って」初めて聞いたけど可愛すぎた…神山くんに歌ってほしいなーーーーー!!!!(すぐ可愛い曲を歌わせたくなるくせ)

・Hair!Hair!これはなうぇすとツアーの関ジュちゃんのイメージが強かったし、つい最近まで関ジュのオリ曲だと思ってました(すみません)これはたまらん!!!!!寺西くんはドラマ49のイメージが強くて(ずっと若手俳優だと思ってました土下座)あれだったんだけど、ダンスがとてつもなくかっこよかった。「腰に手を回して~」のどエロさ(合掌)松松さんについては勉強しますはい

・トラジャとラブは吉澤くんと萩谷くんばかり見ていて記憶なし(くそ)この時じゃないかもしれないけど、諸星くんが360°全方向を全力で煽る姿がめちゃくちゃ印象に残った。梶山朝日くんはいつも目立つな…(褒めている)

・キンプリさんは王道アイドル☆キラキラ☆カメラピンショットの時に(順番忘れたけど)最後いよいよ岸くんキターーーーって時にピン泥棒した岩橋くんCHO-ギルティ!!!!!「こ、これがきしいわ…」そのあと花道散って、最後メインステージに戻って曲が終わる時に岸くんに飛びつく岩橋くん…きしいわ過剰摂取しんどい

・からの岸くんの腹筋とボクサーパンツ(水色)ありがとう(合掌)岸くんは、息子の友達枠又は永遠の幼馴染だけど、こうふとした時に男なんだな~って思いますね、わかります

・(曲忘れたけど、アンコ?)Prince3人が歌っているところをカメラに抜かれたとき、岩橋くん神宮寺くんでハートを作って真ん中に岸くんの画になった瞬間ハグしだして、消える岸くんwwwwwおい!ってなったけど、これが「じぐいわと俺」…しんどいパート2になった

・何の曲かは忘れたが、ストさんの曲で腰ふりする場面があり、森本慎太郎くんのそれがここ最近で見た中で「これはまずい…」部門堂々の1位に輝くくらいのどエロさだったので、是非SixTONESにはジャーニーズWESTのCHO-EXTACYを披露してほしい

・アンコールで岸くんが最後の最後、400レベルにいるファンに向かって「俺?」って自分のことを指差して(確認)、そのあとその子に向かって指さしからのお手振りしてた姿を目にして、遠くのファンのこともちゃんと見てるんだなと感動した。岸くんはアイドルの鏡

 

 

 

 

 

Jr.には落ちないと決めていたけど、結果推しが増えて帰ってきた私であった。岸くん、岩本照くんに加え、新たに吉澤閑也くんをもっと見たい!!!そしてなにより!!萩谷慧悟を応援したい!!!しんどい!!!好き!!!!とDDに拍車をかけた。

 

余談:Jr.祭り後3日間は萩谷くんしんどい病を患い夜眠れなくなるという事態に陥ったのは笑える。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんだけツイート載せるの私(笑)記録だからまあいっか 

 

 (もうなかなか落ちてるやんけ)(この際どなたか更に沼に突き落とすようなステマをしてくれませんか〜〜!!!)

 

最後のツイートのように、オタク人生何があるか分からないし、現場に足を運んで初めて気づくことや新たな魅力の発見があるし、今回祭りにいけてよかった。 

Jr.の現場は、エネルギーがすごくてとにかく楽しかった!!!!!!少クラ見る楽しみが増えた!!!!また、いつかどこかで見れるといいな☆(と言った翌週また大運動会で見れたんだけどね。顔もろくに知らなかったB少年那須くんと高橋優斗くん【Wゆうと】にまんまとやられたんだけどね笑)

 

こうしてまた担当の概念がわからなくなるんだな…

 

そんなこんなで、おわり☆

溺れるナイフ 大友勝利まとめ〜後編〜

はい、続きいきます~~~!!!!!

 

(9)家の前のシーン
・ボーダーTシャツ、お決まりの青タオル、ジーパン、ビーサン姿の大友
・びしょ濡れで泣いて帰ってくる夏芽を見て「どうしたんや?」とタオルをかけます、見つめます………10きゅん

 

(10)バッティングセンターのシーン
「ほれ」とアイスキャンデーを渡す(ガリガリ君ソーダ味?)いらないと言われ1人食べる大友。胡座でアイスかじる姿、たまらんな。
・バッティングセンターよく来るの?に対して「俺しょっちゅう来るよ、常連さんやもん」
「海好き」
・大友はずっとここにいるの?「兄ちゃんが(船乗りである家業を)継ぐけん。俺は出て行くと思う」「ここにいたら見えへんものがあると思うし」大友は外の世界に興味ないと勝手に思ってたけど、違う景色を見たがってたんだな〜意外だった。
・夏芽はモデルでパリに行くんか?と言うと、なに言ってんのと夏芽に馬鹿にされるけど「何がアホなことか!俺は真面目に言うてるんじゃい!」という大友。人の夢を馬鹿にしないし、夏芽なら叶えられると思ってる大友。こう言う存在が近くにいるって大きいよな。見てないようで、よく見てるんだな、大友って。
「アホみたいなこと考えてるんがちょうどええんちゃうの?」 そういうとこだよ!!大友!!!!(褒めてる)ここらできゅんメーター崩壊
「よっしゃ景気付けに見とれよ!俺のナイスバッティング!」「俺のナイスバッティング〜〜!!!」「甲子園目指そうぜい!!」大友というか、ここは重岡くんについてだけど、バッティングフォームめっちゃ綺麗だな?普通に野球経験者に見える!!あ〜この人野球やってたんだな〜のフォームで驚いた!!!(そういえば大友って坊主にしてないから、高校では野球やってないんだね?)
・夏芽「好きにならないでよ〜〜」大友「おう、友達でええよ」ツァーーーーーーーーー(本当に彼はこの時そう思ってたんかな〜夏芽ちゃんは大友の気持ち分かってたんだろうよな〜それでこう言ってるわけでしょ〜つらい。弱ってる彼女に変な気ないでと言わんばかりにバッティングセンターへ誘って、こういう甘いとはかけ離れた雰囲気にした大友って本当な…いい奴すぎんで。普通公園のベンチ又はブランコで話聞いてチッスに持ってかない?部屋で話聞いてて抱きしめたりしない?しないか)

 

(11)夏芽がネイルを塗るシーン(回想シーン)
・椿を加えてにっこり笑う大友
いや、この画がめちゃくちゃ素敵でびっくりした……私1回目の時なに見てたんだろ…大友の優しい微笑みの威力すごかった……

 

(12)夏芽の部屋にくるシーン(閲覧注意
「失礼します」と入ってくる礼儀正しさ(これだから野球経験者はたまんないわ)
・ベージュのキャップ、リュック、チェックのシャツ、ピンクのTシャツ、ボトムは…デニム?
・夏芽がちょっと待ってと言って着替えてることに気づいてドギマギする大友…うぶ♡
・着替えてる間に、口臭チェック、シミュレーション、ナチュラルに羽織っていたチェックシャツを脱いだ流れがYABAIZO。(そりゃ高校生だもんね…男だもんね…わかるよ…)

 

〜ここからは、怒涛のダイジェスト 〜
「いつでも行けるからな」「風邪が吹っ飛ぶ元気モリモリCD」「お洒落さんなんじゃの〜」「見してみ、友達やろ!!!!」「付き合うとかはええんじゃ」「お前、性格悪いぞ」「眉毛見せんしゃい!!!」「友達じゃろ!!!」「も〜ち〜づ〜き〜〜見せんしゃい!!!」「なつめ!!!」からのキッス💋出た、パア!!!(1回目見た時ここで過呼吸起こしそうになったけど、意外と平常心で見れたことに驚いた)
・名言「俺が笑わせちゃるけん、何でもしてやりたいんじゃ」
・大友、頑張らなくていいよに対して「いや、頑張らせて!!(握手ギュッ)」
「この握手…わからん(笑)」

 

(13)下校のシーン
「望月〜?どうしたんなら?」
「おい!おい!!!もちづき〜〜〜〜!!!」
カメラマンが突然来て、夏芽の変わった姿にがっかりするシーン。「君たちすごいお似合いだね」という言葉がすごくグサって来るんだよな〜〜大友はめっちゃいい奴だし、かっこいいんだよ!!何か文句でもある?って思うのに、そこら辺にいる田舎のカップルに成り下がってしまった(?)夏芽を見ると、違うんだなってなるんだよね…大友が悪いわけじゃないのに、大友は普通なだけなのに。ここはつらいな…

 

(大友は彼女になった夏芽を望月と呼んでるんだな〜キスの前だけか、夏芽呼び。照れて名前で呼ばない大友、うぶ♡)

 

(14)お店でのシーン(デート?)
「適当に座っといて」「何か飲むやろ(曖昧)」「開店まで時間あるからよゆ〜〜」「なんちゃらもりもり元気MIX」「カラオケパーティーやで!歌っちゃうぞ〜〜」空元気大友…

 

 ・夏芽の別れよに対して「ん?俺遠距離でもええよ」
「無理ってそんな勝手に決めんなよ」
「一緒に解決しよう」
大友〜〜( ; ; )多分夏芽に対してここまで自分の意見強く言ったことなかっただろうに…別れたくなかったんだよね…お前はどんだけいい奴なんだよ!!!

 

「コウ、コウか?俺じゃダメなんか?」(右肩どん)
「大好きじゃ…(押し倒す)笑ってや…なぁ、笑ってよ。笑ってよ…なぁ、笑えよ」
コウの代わりでもいい、友達でもいいと言っていた大友が、遂に自分の思いをぶつけるわけだ…笑ってよって( ; ; )おま…

 

「歌っちゃう!歌っちゃうから!!!」徐ろにシャツを脱ぐ大友
ここで俺ら東京さ行ぐだを歌う大友なわけだが、この時の、に!の!う!で!見たか?見たか?私は1回目見た時、完全に見逃していたよ!!(二の腕がっしりしてる…ひぃい!!!!と少し重岡くんとして見てしまったごめんなさい)

 

「頑張れよ!!!!」
「ありがと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
「友達や、今度こそ(握手ギュッ)」
ありがとうって言える大友、お前は本当に最後まで……( ; ; )大友に幸あれ!!!!!

 

(15)火祭りの日、丘のシーン
・グレーのポロシャツ、ジーパン、青タオル、軍手の大友。
「コウ、今年は店の手伝いじゃ。後でイカ焼き食いに来いよ」
「俺はイカ焼きでとどまらんで!乞うご期待!コウだけに☆」って言ってすべる大友(笑)
「青春をイカ焼きに捧げるんじゃ〜〜」と言って歩いてく大友。俺はもう夏芽のこと吹っ切ったし、忘れたーーーって強がりつつも、コウに伝えてるんかな?と思ったけど、違うか、分からんけど、男の友情ってこうさっぱりというか、キッパリというか後腐れないというか、いいな〜〜ってシーン!

 

以上

 

2回目見て、大友よりコウちゃんに惹かれてしまったことに驚いた。1回目は大友を演じる“重岡くん”として見ていたから「大友以外ありえない、コウちゃん派が存在するなんて信じられない!!!!」と思ってたけど(強火大友演じる重岡くん担)、2回目冷静に(?)鑑賞したら、大友勝利はマジでいい奴!かっこいい!好き!なんだけど、コウちゃんのようなパンチと影がないというか、そういうところがいい奴止まりなのかな…と思ったり(余計なお世話だよ!!!)(リアルにいたらきっと大友好きになるけどね?)コウちゃんは、あの手に取れない感じがたまらないんだよな………って長々と大友のまとめ書いた人が言うことじゃないな(笑)

でも、大友は重岡くんにぴったりな心優しく、まっすぐで、陽だまりのような人だった!また円盤が発売してみたら、新たな大友くんが発見できるかな〜♪その日を楽しみに待つことにする。発売まであと15日☆

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溺れるナイフ 大友勝利まとめ〜前編〜

もう2週間前のことになるが、溺れるナイフの円盤発売前に、もう一度劇場で観たいと思ってたら、都内で上映していると聞いて行ってきました早稲田松竹以前阿佐ヶ谷の映画館へ行った時、お客さんが3〜4人で、そんなもんだと思ってギリギリに着いたら席がほぼ埋まっていてびっくり!普段行く映画館とは、客層も違い、男性客が結構いた。(私が水曜日に行くことが多いだけか)ひとり客が多いイメージ。1番前で見たけど、そこまで見にくいこともなく、椅子はふかふかだし、アクセスも悪くないので、是非また赴きたい、そんな劇場だった。

 

今日は公開初日に鑑賞した以来の溺れるナイフだったわけだが、1回目の時、大友をただのリアル重岡くんとして見てしまった為、ストーリーうんぬんより、「重岡くん…リアル…重岡くんってあんな風に………しんどい、無理、しんどい…」と〝大友しんどいロボット〟と化してしまっていたけど、今日見たら意外とすんなり、大友を大友勝利として受け入れて見られたし、1回目より遥かに映画として楽しめた。だからこそ、見ていてギュンとなったり、うう〜〜となったりしちゃって、これまた全く違う味わいだったんだけど。

 

そんなこんなで、(相変わらずの前置き長い芸)来月の発売に先駆けて、私による私のための大友勝利メモ(ただの大友出演シーンのまとめと戯言)を残しておく、そう、結局大友ロボットな私であった…。

 

 

(1)転校初日教室のシーン
・東京からモデルがきたと盛り上がるクラス
ちょっとテンション上がった顔した大友かわいい、爽やか☆
「転校生、雑誌出てるって本当け?」と女子の会話に混じるナチュラル大友。というか、〝転校生〟呼びやばいな?(望月さん…望月…突然呼び捨てはないない…んーーーーなんて呼んだらいいか分からん!ってなって出てきたんが、「転校生!」だったらもう…好き/// )
〜ここまでヘラヘラモード〜
〜ここからまじ顔モード〜
・こうちゃんが「どうせ〜(以下略)」とディスって雑誌を投げる、静まる大友と夏芽with女子…ここで、空気を察し夏芽を見て「大丈夫か…」という表情で焦りつつ確認する大友。
・海に入っていたことを暴露する夏芽、それを聞いて怒る大友「また海に入ったんか!!うちの父ちゃんは船にのっちょるねんど」と怒る大友
「転校生、海に入ったらあかんぞ」(出た、転校生呼び〜〜)「神さんがおるおらんは関係なく、この町のもんはみんなが大切にしてるんじゃ」

 

(2)数日後の教室シーン
・欠席したこうちゃんの机を眺める夏芽、自分の方を向いているから俺のこと見てるんか?と勘違いして無言で自分を指差し「え?おれ?」という顔をする大友。しかも親指でさすんだよ、かわいいかよ〜〜そのあと何もなく前を向いてしまう夏芽に「は?なんやねん」という顔ではなく「ニコッ」と口元が笑う大友〜〜!!!このシーンとても好き!!!!!!(大興奮)
・授業後、こうちゃんの話(なんで休んだかだっけか?家の話か?)をカナちゃんとさていると机ドンして「コウは自由じゃけんど〜〜」と割り込む大友。
この時点でめっちゃフレンドリー!思春期男子、どんだけ距離詰めるの上手いんや!

 

(3)家に魚を届けにくるシーン(夏休み)
・NBのTシャツにジーパン?に青タオルをかけて自転車に魚を積んでやってくる大友(スポーツブランドが似合いますわ〜)
・遠くからまず手を振るところで10きゅん
「なぁなぁ!ちょっとええ?」と外から2階の夏芽を呼ぶ姿ナチュラルかよ、というかだいぶ仲良しになったな!?さすが大友〜〜!!
・わざわざ呼び出して何聞くのかと思ったら「お前なほんまにヌード撮ったんか?」とヘラヘラ聞く大友(笑)CHO-思春期男子(笑)
「デマか、やっぱデマか」(安堵する大友)「そんなん見てしもうたら、学校で顔合わせられん」(またヘラヘラ)正直か、素直か(笑)ストレートに聞く大友は純粋素朴な田舎の男子って感じでいいよな〜きっと彼のキャラを見る限り、「お前、聞いてこいよ!」と言われて聞いたというより、ヌードをとったという噂を聞いて、もやもやしてたんかな?いや、まだこの時はしてない?ん〜〜とりあえず誤解を解くためのあれだったと勝手に思った。
・夏芽に「スケベ!」と言われ、「スケベじゃ!!!」と笑って言い返す大友はまだ思春期特有のアレがないのかな?ってくらい返しに爽快感があった(使い方違うな、なんだ日本語不自由すぎる)
「お前の母ちゃん綺麗やな」「年上好きなの?」「顔がタイプじゃ!!」夏芽の周りをくるくるしながらヘラヘラしてんだわ…おい、スケベ!と言いたくなるヘラヘラ具合(笑)このシーンもとっても好き!

 

(4)バッティングセンターのシーン(with先輩)
・先輩に「大友、望月夏芽と同じクラスなんやろ?LINE聞いてきてや〜」と言われ「俺、仲良くないですよ〜実際普通の女子って感じですよ」と興味ない返事をする大友。ツァーーーーー!!お前仲良いやんけ!!嘘つけ!!はあもうなんなんや〜〜〜〜好き、好き!!となるね、このシーン。表情も最高!!!10きゅん!

 

(5)火祭りのシーン
(・もののけ姫に出てきそうなくらい似合ってた)
「なしたんや!?コウ!!!!!」
「〜の爺さんなら、さっきそこらで犬探しておったぞ」
「青色の車!!東京ナンバーやったぞ!!!」

 

(6)高校 昼ごはんのシーン
「英語?ふははは」とテストの話をするちょっと男みが増した大友くん登場(ひゃっはー)
・廊下を通る夏芽を見て、望月さんだ〜かわいい〜大友同中じゃろ?かわいいよね〜〜と言う近くでお昼を食べていたクラスメイトの女子Aに対して「かわいいね」と言う大友〜〜!!!お前ってやつは〜〜〜〜〜〜!!!!ほんっと!!!!!(大興奮)
・その後事件の話をぶり返しディスるクラスメイトの女子A・B・C。そこで大友の「お前らさ、品ないよね。飯食う気失せた」で、出〜〜!!ここな、ここな( ; ; )大友ってほんと…!!!としか言えないけど、ここでそう言える大友と、高校生男子の口から「品がない」って出てくるのがすごいわ…20きゅん!

 

(7)グラウンドのシーン
・ボールコロコロ転がってきますからの「おっす!!」おら悟空ってか?な大友〜〜〜〜〜〜夏芽がいつも1人で弁当食べている場所を探して会いにきてくれた大友…。しかも、気を遣わせないこの感じ。はあ…10きゅん
「お前そこで食うちょんのか」「話すん久しぶりやな」
・大友って眉毛整えるようになったんだ〜〜「お前失礼じゃぞ!!!!」(遂に出ました眉毛…デスワード……)
・ベンチに座り「もちづき〜〜お〜〜〜〜い」と呼ぶ大友。ちょっと距離をあけて座る夏芽に「なんでそこじゃ、こっちこいよ」(出た!それギラギラブベイベーの淳太くんやんけ!違う)久しぶりの会話なのに距離の詰め方が上手い!この子は人の懐に入るのが上手いんだろうな〜と思うこのシーン。
「みかん食うか?」
・コウとの話を聞く、大友。「お前らなんで別れたんじゃ?」「お前にとって今更なんか?」
「毎朝お前のこと見てたらよ〜」え、会話するのひっさしぶりなのに毎朝夏芽ちゃん見て気にしてた大友くんよ………まぢかよぉ〜~~~~~~~(cv桐山照史)(10きゅん)

 

(8)2人乗りして帰る大友と夏芽(椿のシーン)
・自転車をほっぽって椿を取りに行き、(無邪気かよ)「吸うてみ、吸うねん!」ほれっと口に咥えさせる大友
「東京では吸わんの?」「いつも吸ってるけどね」本当にごめんやけど、本当にもう反省してるけど、一瞬変なことが頭よぎった。反省してる。
・ここで再び眉毛いじり「眉毛やめんしゃい!!!」
「望月、困ったことあったらいつでも言うてええからね?」10きゅん

 

(ここまでの呼び方の変化、転校生→お前→望月)

 

長くなったので、後編へ続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりごと

 

 

あっという間に4月、気付けば来週には新年度を迎える。そしてジャニーズWESTを好きになって(気になり始めて?)1年を迎える。

 

突然だが、私は神山智洋くんが好きだ。去年の4月、音楽番組で新曲を披露するジャニーズWESTを見た時、彼に凄まじい衝撃を受けた。それまでにももちろんテレビで見たことはあったし、ドラマ映画でも誰かしら見たことはあったし、顔で言えば小瀧望くんが圧倒的にタイプだった。

 

しかし、蓋を開けてみれば、「あの金髪くん(名前もきちんと分かっていないレベルだけど、神山くんの事)歌うま!!!かっこよおおおおおお!!」となっていたのだ。

 

神山くんきっかけではあるが、ジャニーズWESTの歌唱力の高さ、ダンスのキレ、とにかくそれによる〝かっこよさ〟によって、今までのジャニーズWEST(含むジャニーズ)に抱いたイメージを一蹴され、あれよあれよと沼に落ち現在に至る。(何回も同じこと言ってるな)

 

もちろん、そこからは前述した通り、神山智洋くんを推しとして、オタクをしてきた。何を持っても、神山くんがやっぱり好きなのだ。でも、コンサートDVDを見たり、この1年で実際に何回かコンサートへ足を運ぶと、ジャニーズWESTとして、それぞれに個性があり、魅力があり、お互いのいいところを引き立てる大きなグループという力があり、簡単に言えば、まるっとジャニーズWESTが好きという気持ちも芽生えた。(コンサートでも誰かが言ってたけど、ジャニーズWESTのファンは誰々だけ好きとかじゃなくて、みんなの事を好きでいてくれてるって言ってたよね確か)(分かる)でも、誰かを1人推しとしてあげるなら?と問われたら、神山くんなのだ。

 

しかし、最近の私のtwitter(ブログnote)を見ると明らかに重岡くんと濵田くんのことを話している。6割濵田くん重岡くん、2割神山くん、2割その他メンバー+Jr.くんである。(自分調べ)どうだろうよ。

 

応援スタイルは様々だし、好きは自由だし、何を呟こうと、書こうと自分の自由であり自己責任ではあるけど、私の想像していた、オタク像と今の私がかけ離れているなと思った。

 

自分の担当がひたすら好きで、愛でていて、ここが凄いんだぞ!!って胸張って言ってるフォロワさんを見て、いいな〜素敵だな〜と思って、いつか自分もそうなるかと思っていたのに。(自分がそうなりたいかより、そんなオタクさんと担当のアイドルを含めて、好きってのもあるかもしれないけど)

 

すっごく長くなったし、何が言いたいか上手くまとめずに書き始めたから、ひっちゃかめっちゃかだけど、結局私は自分の好きと向き合うのが嫌で逃げているんだと思う。自分が1年経った今も結局神山くんの10%も知れていない気がして、そんな自分が彼を語るのも自担として呼ぶのも烏滸がましいと思うし、だから神山くんの話をするのが少し怖い?と思うのもあるのかなと考えたり。分からないけど。(こんな言い方すると誤解生みそうだけど、もちろん濵田くんも重岡くんも、他のメンバーもみんな好きだし!!!!!(結局かい))

 

ただ、もっと自分の好きな人にものに素直になってもええじゃないか〜〜!!!知ろうとしてもええじゃないか〜〜!!!と思った今朝の話。他人に迷惑をかけず、自分が楽しいオタクライフが送れれば、ええやんけェ〜〜!!!  

 

以上

おわり☆

 

 

 

ちなみに次回更新予定は重岡くんの話です(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

応援するアイドルのドラマが最終回を迎えた

 

ドラマ「大貧乏」が最終回を迎えた。

まず最終話、〝かせこぐ〟が盛り沢山で、土下座せざるを得ない内容だった。脚本、演出、プロデューサーを始め、関係各位に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。最高でした!!!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:youreo5:20170312234559j:image  f:id:youreo5:20170312234603j:image

 私が神山くんを応援し始めてから日はまだ浅く、大貧乏で初めて自分の応援するアイドルが連ドラに出るのを見守る(?)経験をした。

以前応援していたグループ(LDH)のメンバーもドラマに何本か出演していたが、ちょうど私の応援する前だったりでリアルタイムで見ることがなかった。だから、なんだろう過去の作品を見るのとは違ったこの感覚。それを経験できて、とにかく胸いっぱいだった。

 

〜ドラマ出演決定から最終回までを振り返る〜

 

①出演決定の朝

神山くんがドラマに出ると知ったのは、去年の12月8日。

 

目が覚めて開いたtwitterのTLで神山くんが連ドラに出ると知って飛び起きたこと。しかも新人弁護士!伊藤くんの部下!どんな役かな〜ってワクワクしたこと。神山くんすごい!さすが!!って嬉しくて1日ふわふわしていたこと。が昨日のように思い出される( ;  ; )

 

②コンサートでの宣伝

24コンのMCでドラマが決まった報告が聞けて、お客さん全員でお祝いしたこと。照史くんが「神ちゃんもドラマ決まってね」という振りに「え!?そうなの!?」と白々しいボケをかます神山くんも「新人アソシエイト、あ、弁護士のことです笑」という神山くんもあった。なうぇすとのMCでは番宣が聞けたこと。次の木暮くんはこうです!とかだんだんこうなりますとか神山くんが嬉しそうに番宣する姿が見れたこと、全部が嬉しくて、誇らしくて(?)、神山くんよりドヤ顔してたなきっと。笑

 

③ブログでの近況報告

なにわぶ誌では、ドラマの撮影が始まってから、出だしが「こんちゃ( ´ ▽ ` )ノ」ではなくなってしまって、いつもと雰囲気も違うし、大丈夫かな…?って思ったりもしたけど、ドラマが始まると木暮くんレポが聞けて、共演者の皆さんとも和気藹々と仕事している神山くんが知れて、安心!(お前はなんやねん)

 

④放送開始〜最終回まとめてざっくり

1話では突然のお弁当屋さん木暮くんで驚いたし(あれめっちゃ可愛かったな〜)「え、優秀な部下なんだよね…?」って心配になったり(笑)、正直そこまで目立つ役じゃないのか…?な印象もあったけど、回を重ねる毎に出演シーンも台詞も増えて、木暮祐人くんのキャラクターがとても愛らしくて意外と濃くて、予想と違って暴走したり、とにかく最初の意気込みで言ってたように間違いなくいいスパイスになってたと思う!!!!!

f:id:youreo5:20170312233144j:image

9話の紙芝居は勿論、最初は威嚇していた加瀬くんといつの間にかシンメになっていたかせこぐの絡みも、駄々っ子スネ夫の木暮くんも、子供みたいな木暮くんも。真面目に弁護士やる木暮くんも、空気が読めない木暮くんも、ボスの恋を応援するいい部下な木暮くんも、兎に角最高だった。特にジャスティス回の、ボスが法律を熱く語った後にウルウルする木暮くんはCHO好きだった( ;  ; )ここの演技は本当にすごいよね、木暮くん…いや泣きました。神山くんってやっぱりすごい( ;  ; )(語彙力皆無)

f:id:youreo5:20170312234401p:image 

(まだまだあると思うけど、きっと今抜けているのでごめんやで。またいつか別に木暮くんまとめ記事を残しておきたい)

 

 

 

他のメンバーが出演しているドラマを見ていた時は、役として、一視聴者として楽しんでたけど、 自担が出ているとちょっと親目線(?)というか、木暮祐人として見る部分も神山智洋くんとして見る部分もあって、見るのに少しどきどき緊張しちゃったりもして。いやでも、本当に神山くん素晴らしかった!!!VBBで歌もダンスも演技も何でもできて「なんて凄い人を好きになってしまったんだ!!」と思ったけど、本当にすごいよ…もう凄いしか言えなくて申し訳ないけど。これからも沢山神山くんに素敵なお仕事が来ることを楽しみにしている☆し、彼はこれからもっともっと大きくなることを確信した今回のドラマだった。これからもたくさんの新しい景色を見せてくれること間違いなし!!!!

 

映画も舞台ももちろん素晴らしいお仕事であるが〝連続ドラマ〟に出演することのメリットは、

・毎週必ず見ることが出来るということ(茶の間側)

・テレビの露出が増えること(週1回のドラマ、バラエティへの出演などの番宣、CMなど)

・知名度が上がること(人気のドラマならかなり上がる)

だと思う。(もっとあると思うけど)

職場のジャニーズに全然詳しくない人も、大貧乏の木暮くんを宣伝してから気にしてくれて、「え!俳優さんじゃなくてアイドルなの?すごいね」「紙芝居の長い台詞よく覚えたね!」と褒めてくれたし(モンペ予備軍?)、神山くんを覚えてくれた。アンチジャニーズの我が家の母は朝ドラで見ていた〝桐山くん〟しか覚えられなかったのに、いつのまにか神山くんを覚えていたし、姉もいつのまにか神ちゃん呼びになってたし、「ジャニーズ?くだらない、興味ない、歌もダンスも見てらんない」の一点張りだったのに、最近よく神山くんを褒めるようになった。(何様や)これは私の周りに過ぎないけど、同じような人が少なからず何人かはいると思うとやっぱり連続ドラマは凄いし、神山智洋くんはもっとすごい!!!(小学生の感想か)

 

 

毎週日曜日には大貧乏があることは、仕事への大きな活力になっていた。ドラマが放送開始して、憂鬱な日曜日の夜に、癒しと楽しみを与えてくれたドラマ「大貧乏」、そして木暮祐人くんありがとうございました。そして3ヶ月間お疲れ様でした!!!

 

 

 

最終回を迎えた興奮のまま書きなぐったので、今回もまあまとまりない相変わらずな内容だけど(反省)、おわり☆